忍者ブログ
ねとげ日記(うそくさい)
Posted by Lita - 2013.02.06,Wed
私がFF11を始めたのは2003年のことでした
ので、今年でちょうど10年目ということになります

high-playしたり、隠居したり、なんやかんやあったけどまったりして10年
10年という言葉の重さに、リアルの己の経年感がずっしりくるお年頃(笑)ではありますが
昔のFF11はこんなんだったなーというのを振り返ってみたいとおもいます

まず

強敵 と書いて とも と読む」

そんなHNMこと強敵編から…

2004年はメインジョブである黒魔がAF~Lv75カンストを迎えた、戦いにあけくれた一年でした

なかでも印象深かった、強かったのが、お空のボス「麒麟」

いまのLv99だったら、どのぐらいで倒せるのでしょうか。少なくともガチの殴り合いで勝てるぐらいにはなっているのかな。

当時はフルアラが当たり前、フルアラに入らない補充PTもあたりまえ
麒麟専門PT+召喚四神PT+黒PTが基本アラとして、それぞれ死亡者がでた時点でキック→補充PTから人員追加
死んだものは離れたところで衰弱を待ち、復帰したら希望を出して、また誰かが死んだら迅速にアラに加わる
という流れでした。
今では考えられないことだけど、それだけ強かったです。

私がいたのは黒PT 黒×3~5人と、赤白と組んで、遊撃隊に近い位置づけです
麒麟が土属性の敵なので、おもにエアロ系の魔法を駆使してタゲを取りつつ削ること
麒麟が使ってくるガ4、石5、古代などが非常に強力なので、大事なのは範囲魔法に他人を巻き込まず、麒麟PTを崩壊させない程度に麒麟のタゲをもつこと。

もちろん紙装甲の黒魔なので(当時はエラントや呪われ装備が最先端)魔法でも死ぬし、殴られても死にますw
でも、ヒーリングも遅かったし、代わりの黒もいるので、MP使い切ればあとはヒーリングしても衰弱しても同じ。
結果、人間砲弾みたいな、MPを使い切って削って死ぬことがそのときの仕事でした。

何度も何度も死んで、裏ほどじゃなくとも大幅なEXPロストをしつつ、ようやく倒せる敵だったのです。

Lit040830011011a.jpg

麒麟、ダウン
(2004年8月 このときはまだ普通のマンティの色でしたw)

Lit040830012545a.jpg
ちゃっかりまんなかにいるわたしw

麒麟を倒すと得られる称号は、倒したアラに入っていたメンバーのみが手にすることができるので
あと何ミリ…で倒せそうになると、称号とってないひとよっといでー!と、再編成が行われたり。
みんなで倒したからこその(リーダーの)優しさかなと思います。

・・・

今もそうですが、強敵と戦う喜びでFF11にかなうものはない、と私のMMO経験の中ではおもっています。
意思疎通・作戦遂行・死と報酬、そういったあらゆる面において。

一人一人がまだ今のように強くなかったあのころ
やたらと強かった麒麟との戦いは、いまもこころにのこっているのでした

***
最近昔のSSを発掘したのでちょっとかいてみました。
またなんか思い出したらかくかもしれません。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/01 ヨルム]
[09/24 ray ban sunglasses]
[07/09 Lita]
[07/08 すると]
[07/04 takumaro]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]